借金で自己破産をした経験

借金で自己破産をした経験

10年以上前になりますが、借金がかさんで多重債務状態となり、債務整理をしたことがあります。その時は派遣社員であったため、収入が安定しなかったこと、また収入の割に借金額が多かったこと、そして年齢的に30代であったことから、自己破産を勧められました。自己破産と聞いて最初は戸惑いましたが、どう頑張っても任意整理では難しいという弁護士さんの判断で、自己破産をすることに決めました。

 

必要書類を揃えて事務所に持参し、後はすべてお任せすることにしました。また自己破産をすると最低5年、最高10年はローンが組めないので、気をつけるようにともいわれました。その後はすべて口座引き落とし、あるいはデビットカードでの決済となり、最初は不便に感じましたが、慣れてくるとそちらの方が楽になりました。

 

また私は経理などの仕事ではなかったため、自己破産でも転属になることもなく、その後無事に正社員になることもでき、10年経過して、すべての異動情報、いわゆるブラック情報が個人情報から消えました。とはいえクレジットカードも作らず、未だに口座振替とデビットカードで間に合っています。またこれから借金を考えている人は、自分の収入の3分の1程度にとどめることをお勧めします。

 

消費者金融などではそうなっているようですが、つい借り過ぎてしまうのだけはやめて、自分の身の丈にふさわしい金額を借りるようにしたいところです。